アロニア果汁100%ジュースを発売します

 アロニアー世界にはまだこんなに素晴らしい果実があったことを、そしてわが国では全く知られていないことに驚きました。そして調べれば調べるほどアロニアの素晴らしさを知り、これは皆様にお知らせしなければならないと思いました。

 私はホームメイド・ケフィアを売り出したころ、日本では誰もケフィアを知りませんでした。しかし、ロシアや東欧では、ケフィアを病院やサナトリウムで療養食として利用していることを知り、皆さまの健康のためにケフィアを普及させたいと考え、徒手空拳ケフィアの販売をはじめたのは22年前でした。そして現在ホームメイド・ケフィアは多くの皆さまに利用していただけるようになったことはこの上ない喜びです。

 今またロシアやブルガリアなどの東欧諸国でメディカルフルーツとして親しまれているアロニアに出会えたことに深い縁を感じます。 ホームメイド・ケフィアと同様にアロニアの普及のために渾身の努力を傾けたいと考えています。

 

動画

ブログ

スターターキット


セキュリティポリシー

お電話でのお問合せ

0120-417-918

ヨイナケヒヤ

更新2012.2.1

 

ホームメイド・ケフィア

ホームメイド・ケフィア

詳細はこちら

ケフィアライフをお勧めします

 遥かなるシルクロードの彼方、コーカサス山脈。その冷涼の地で、ケフィア粒1)とよばれる種菌を何千年も何世代にもわたり受け継いで、伝えられてきた発酵乳ケフィア。乳酸菌研究に78年の実績をもつカナダのローゼル社はこのケフィア粒を取り寄せ、純粋培養に成功、凍結乾燥し「高活性ケフィア菌」(商品名:ホームメイド・ケフィア)を開発しました。

 これにほとんど無菌に近い紙パック牛乳の殺菌技術が相まって、牛乳の自然発酵に適さない我が国の風土でも、本場コーカサスと同じ、おいしいケフィアを家庭で手軽に作ることができるようになりました。

1)コーカサス地方で健康長寿の素と信じられているケフィアグレインは、神様からの贈り物と言い伝えられています。

ライフスタイルとTPOに合わせて!

 「高活性ケフィア菌」に、ビフィズス菌とアシドフィルス菌をプラスした”ケフィアプラス”は、長寿伝説から生まれたプロバイオティクス2)サプリメント。胃酸に対して防御した植物性カプセルですから、生きたまま腸に達します。

 手作りや美味しさを楽しむゆとり派にはホームメイド・ケフィア。手っ取り早く健康を守りたい時間節約派にはケフィアプラス。家庭で食事に取り入れる場合にはホームメイド・ケフィア。旅行や出張に携帯する場合や、発酵に時間がかかる寒い季節にはケフィアプラス。それぞれのライフスタイルとTPOによって、お選びいただけます。

2)体に好影響を与える生菌や生菌を含む食品。

ホームメイド・ケフィア

ケフィアプラス

詳細はこちら

 

ホームメイド・ケフィア

プロバイオティクスGBN1

詳細はこちら

ブルガリアの自家製ヨーグルトから生まれた

 ノーベル賞学者メチニコフは、ブルガリアを旅してロドピ山脈周辺の村々には長寿者が多いことを知り、そこで食べられている自家製ヨーグルトが長寿をもたらしていると考え、それが「乳酸菌による不老長寿説」を唱える契機になったといわれています。 

 ブルガリア国立乳酸菌研究所の初代所長であったマリア・コンドラテンコ博士は、ブルガリアの自然は乳酸菌の宝庫であると考え、ゲネジス研究所を設立して機能性乳酸菌の探索を行い、ロドピ山脈周辺で現在も作られている自家製ヨーグルトから分離した乳酸菌株を、ラクトバチルス・ブルガリクスGBN1と命名しました。プロバイオティクスGBN1の名前の由来です。

カエデの恵み、黄金色の滴

 カナダの南東部に広がるカエデ(メープル)の森では、厳しい冬が終わる雪解けの頃、メープルの樹木からほのかな甘みをもつ澄んだ水のような樹液が自然に流れ出し、メープルシロップの生産が始まります。最も樹液の採取時期が早く、希少価値の高いメープルシロップがエキストラライト、淡い色調、やわらかいデリケートな風味と、口の中に甘さが残らないのが特徴です。

  ラ・フェルメ・マルチネットは、樹齢百年以上の樹木が多く、水はけのよい良質な土地から、透明感のある"エキストラライト"の生産者として有名です。

ホームメイド・ケフィア

エキストラライト
メープルシロップ 

詳細はこちら

ホームメイド・ケフィア

アロニア果汁100%ジュース

詳細はこちら

有機JAS認証のアロニア果汁100%ジュース

 アロニアは北米原産ですが、150年ほど前にロシアに伝わり、耐寒性の強いことから、ロシアや東欧で広く栽培されるようになり、ジュースやジャム、果実酒として利用されています。東欧諸国の人々はアロニア果実には多量のポリフェノールが含まれ抗酸化力が強いことから、アロニアをメディカルフルーツと呼んでいます。
ところでアロニア果汁は豊富なポリフェノールのために強い渋味があり、とても日本人の嗜好に合わないのではないかと思いましたが、ケフィアやヨーグルトと混ぜると、渋味が消えて、とても美味しくなることがわかりました。
消化管の健康をまもる発酵乳と、血管の健康をまもるアロニアは、最高の組み合わせです。健康を考えるなら、トッピングはアロニアで決まりです。