動画

ブログ

 


SSL/TLSとは?

セキュリティポリシー

お電話でのお問合せ

0120-417-918

ヨイナケヒヤ

更新2012.2.1

 

HOMEコーカサスのケフィアホームメイド・ケフィア夏でも適温を保つ保冷温庫

夏でも発酵適温を保つ、保冷温庫の勧め

エミリオ・ロバのマグカップで発酵させました。

美味しそうですね。

器が良いと、ケフィアライフが楽しくなります。

このように1食分づつ、発酵させると、

しっかり固まったまま、スプーンですくって召し上がれます。

お気に入りのマイカップで発酵させるなら、保冷温庫があると便利です。

暑い夏には、冷却機能の付いたポータブル保冷温庫が便利です。

 

ポータブル保冷温庫(ACW-610)

家電量販店でお求めください。(オープン価格:約12,000円)

 
電源 AC100V
使用温度範囲 5〜35℃
本体重量 約7.2Kg
製品サイズ 幅325×奥行365×高さ455(mm)
製品容積 約20リットル
消費電力

通常使用:68W
エコモード:50W

 

 

音が静かで、振動がないから、ホームメイド・ケフィアの発酵に最適です!!

特徴  1) 電子温度制御(ペルチェ)機構によって、4℃~60℃まで自由に温度設定が出来ます。ケフィアの発酵(25℃)はもちろん、冷蔵庫(5℃)としても、温蔵庫(60℃)や、ワインクーラーとしても使えます。
2) AC(交流)、DC(直流)の両方の電源で使用できます。
家庭のコンセットでも、自動車でも使用できます。
3) エコモードボタンが付いて、省エネです。

1リットルの紙パック牛乳にケフィア菌を入れ、
マグカップ(300ml容)に250mlづつ注いで4個に分けて発酵させます。

保冷温庫は、棚板で上下2段に仕切られています。

各段にマグカップ4個づつ、8個のマグカップを入れて発酵できます。

マグカップは、フタ付きが便利です。
フタのない食器で発酵させる場合は、ラップをしてゴミが入るのを防いで下さい。

1リットルの紙パック牛乳のまま発酵させる場合は、棚板をはずして3本入れられます。

詰め込めば、牛乳パック6本は入れられますが、
発酵させる場合は空間を空けて下さい。
前のページに戻る