動画

ブログ

 


SSL/TLSとは?

セキュリティポリシー

お電話でのお問合せ

0120-417-918

ヨイナケヒヤ

更新2012.2.1

 

HOMEコーカサスのケフィアケフィアの知識ケフィア・ホームメイドのお勧め

ケフィアの故郷コーカサス

カスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方は、パキスタンのフンザ、南米エクアドルのビルカバンバと並んで世界の三大長寿国として有名です。コーカサス地方に限らず長寿地帯では発酵乳を食生活に取り入れていることが特徴ですが、コーカサスの人々は伝統的にケフィアと呼コーカサス地図ぶ発酵乳を食べています。中でもコーカサス地方は古くから戸籍が整備せれていて、他の長寿地帯よりも年齢の信頼性が高いことが調査によりわかりました。ノーベル賞学者のメチニコフが発酵乳の保健効果に着目して、ブルガリア地方の伝統的発酵乳ヨーグルトをいちはやくヨーロッパに紹介したので、ヨーグルトが発酵乳の代名詞のように普及する契機になりました。しかし、世界にはその風土に根ざした多くの伝統的発酵乳があります。ヨーグルト以外にもコーカサス地方のケフィア、蒙古のクーミス、インドのダーヒなど、その地方の食生活に深く根ざした発が酵乳あります。中でも最も信頼できる長寿国コーカサス地方の人々の健康を支えきたのはケフィアです。

神様の贈り物「ケフィア粒」

コーカサス地方の伝統的なケフィアの製法は、ケフィア粒と呼ぶ種菌を牛乳に加えて発酵させています。このケフィア粒はいつの頃から誰がコーカサス地方にもたらしたものでしょうか?。コーカサス地方の人々は、ケフィア粒を預言者の黍と呼んでいます。一説によるとマホメットは病人を見つけては「神様からの贈り物であるこの霊薬から、ケフィアをつくって飲みなさい」と説いたと伝えられています。

高活性ケフィア菌

乳酸菌研究に70年の実績を持つカナダのローゼ ル社は、コーカサス地方からケフィア粒を取り寄せ、 近代的培養技術を駆使し高活性ケフィア菌をつくるこ とに成功しました。

 凍結乾燥技術によって生まれた高活性ケフィア菌 は、自然乾燥させていた古代のケフィア粒に比べ、 活性が高く、衛生的で安全にケフィアをつくることが 出来ます。「高活性ケフィア菌は、まさに現代の預言者の黍」と言えます。

*「高活性ケフィア菌」「ホームメイド・ケフィア」は、  中垣技術士事務所の登録商標です。

ホームメイドケフィア

家庭で使いやすように、高活性ケフィア菌を小分け包装したものです。

有限会社中垣技術士事務所は、ローゼル社と「高活性ケフィア菌」の日本国内における独占販売契約を結んでいます。

左端は有限会社中垣技術士事務所代表中垣剛典

左から2人目は当時のローゼル社の社長ブローシェ博士です。  

ローゼル社創立70周年記念

 2004年秋、ローゼル社が創業70周年を迎え、多彩な記念行事が行われました。 記念行事の一環として「乳酸菌と健康」 をテーマにシンポジウムも開かれ、カナ ダ内外から多数の研究者の参加がありました。

 

左の写真は、レセプションとして行われたセ ントローレンス河のクルージングに乗り込むと ころです。

 

左は中垣社長、右はローゼル社社長Oliver Clech氏

 

LHSのスタッフおよび工場スタッフとミーティング

 2015年6月、ラルマン/ローゼルの研究所(LHS:ラルマン・ヘルス・ソリューション)および工場を訪問し、2日間にわたりホームメイド・ケフィアの品質管理および新製品開発について打ち合わせを行い、その後レストランに席を移し歓談しました。

 研究所のスタッフと歓談
前列中央は研究所長のトンプソン博士、左隣りは中垣社長、
後列中央はラルマン社のペメージャ氏

工場スタッフと歓談
右端は工場長のシャスレーさん、中央は中垣社長、その左はペメージャ氏

前のページに戻る