学会発表

 昨年、弊社は食品科学研究所を開設しましたが、その研究成果を主として日本栄養・食糧学会で発表しています。今年も沖縄コンベンションセンターで5月19日(金)~21日(日)に開催されます。今年の研究発表のタイトルと、昨年発表した共同研究のタイトルを下記に示します。
   今年 アロニア果汁摂取による脂質異常症改善とその分子構造の解析
      アロニア果汁に含まれるα-グルコシダーゼ阻害物質の探索  
   昨年 アロニア果汁による血糖値および肥満改善効果
      バラ科植物果実アロニアの生理機能の研究

      アロニア果汁に含まれるアンジオテンシン変換酵素阻害物質の探索
      アロニアの抗菌成分によるブドウ球菌属の増殖阻害

 

動画

ブログ

 


SSL/TLSとは?

セキュリティポリシー

お電話でのお問合せ

0120-417-918

ヨイナケヒヤ

更新2012.2.1

 

ホームメイド・ケフィア

ホームメイド・ケフィア

詳細はこちら

ケフィアライフをお勧めします

 遥かなるシルクロードの彼方、コーカサス山脈。その冷涼の地で、ケフィア粒1)とよばれる種菌を何千年も何世代にもわたり受け継いで、伝えられてきた発酵乳ケフィア。乳酸菌研究に78年の実績をもつカナダのローゼル社はこのケフィア粒を取り寄せ、純粋培養に成功、凍結乾燥し「高活性ケフィア菌」(商品名:ホームメイド・ケフィア)を開発しました。

 これにほとんど無菌に近い紙パック牛乳の殺菌技術が相まって、牛乳の自然発酵に適さない我が国の風土でも、本場コーカサスと同じ、おいしいケフィアを家庭で手軽に作ることができるようになりました。

1)コーカサス地方で健康長寿の素と信じられているケフィアグレインは、神様からの贈り物と言い伝えられています。

ライフスタイルとTPOに合わせて!

 「高活性ケフィア菌」に、ビフィズス菌とアシドフィルス菌をプラスした”ケフィアプラス”は、長寿伝説から生まれたプロバイオティクス2)サプリメント。胃酸に対して防御した植物性カプセルですから、生きたまま腸に達します。

 手作りや美味しさを楽しむゆとり派にはホームメイド・ケフィア。手っ取り早く健康を守りたい時間節約派にはケフィアプラス。家庭で食事に取り入れる場合にはホームメイド・ケフィア。旅行や出張に携帯する場合や、発酵に時間がかかる寒い季節にはケフィアプラス。それぞれのライフスタイルとTPOによって、お選びいただけます。

2)体に好影響を与える生菌や生菌を含む食品。

ホームメイド・ケフィア

ケフィアプラス

詳細はこちら

 

ホームメイド・ケフィア

プロバイオティクスGBN1

詳細はこちら

ブルガリアの自家製ヨーグルトから生まれた

 ノーベル賞学者メチニコフは、ブルガリアを旅してロドピ山脈周辺の村々には長寿者が多いことを知り、そこで食べられている自家製ヨーグルトが長寿をもたらしていると考え、それが「乳酸菌による不老長寿説」を唱える契機になったといわれています。 

 ブルガリア国立乳酸菌研究所の初代所長であったマリア・コンドラテンコ博士は、ブルガリアの自然は乳酸菌の宝庫であると考え、ゲネジス研究所を設立して機能性乳酸菌の探索を行い、ロドピ山脈周辺で現在も作られている自家製ヨーグルトから分離した乳酸菌株を、ラクトバチルス・ブルガリクスGBN1と命名しました。プロバイオティクスGBN1の名前の由来です。

カエデの恵み、黄金色の滴

 カナダの南東部に広がるカエデ(メープル)の森では、厳しい冬が終わる雪解けの頃、メープルの樹木からほのかな甘みをもつ澄んだ水のような樹液が自然に流れ出し、メープルシロップの生産が始まります。最も樹液の採取時期が早く、希少価値の高いメープルシロップがエキストラライト、淡い色調、やわらかいデリケートな風味と、口の中に甘さが残らないのが特徴です。

  ラ・フェルメ・マルチネットは、樹齢百年以上の樹木が多く、水はけのよい良質な土地から、透明感のある"エキストラライト"の生産者として有名です。

ホームメイド・ケフィア

エキストラライト
メープルシロップ 

詳細はこちら

ホームメイド・ケフィア

有機アロニア100%果汁

詳細はこちら

抗酸化力№1フルーツ、有機アロニア100%果汁

 アロニアは北米原産ですが、150年ほど前にロシアに伝わり、耐寒性の強いことから、ロシアや東欧で広く栽培されるようになり、ジュースやジャム、果実酒として利用されています。東欧諸国の人々はアロニア果実には多量のポリフェノールが含まれ抗酸化力が強いことから、アロニアをメディカルフルーツと呼んでいます。
ところでアロニア果汁は豊富なポリフェノールのために強い渋味があり、とても日本人の嗜好に合わないのではないかと思いましたが、ケフィアやヨーグルトと混ぜると、渋味が消えて、とても美味しくなることがわかりました。
消化管の健康をまもる発酵乳と、血管の健康をまもるアロニアは、最高の組み合わせです。健康を考えるなら、トッピングはアロニアで決まりです。

本邦初!アラン・ミリアのジャムコレクション

 フランスの果実加工のトップブランド”アラン・ミリア”は、2006年からはジャムの製造を開始。ジュースやネクターと同様に、果実の品種と産地を厳選し、果実の特長を表現するために最も適したタイミングで収穫した果実を用いています。ジャムの場合は糖度が高く風味と甘みのバランスが良い完熟の果実を用い、製品における果実等含有率が63%*とフルーツをふんだんに使用しています。また、職人が100~200kgの少量を手作業でかき混ぜて炊きあげる伝統的な手法によって、滑らかで心地よい舌触りと果実の個性を大切にした繊細な味わいを実現しています。
 こうして作り上げたジャムは、ジュースやネクターと同様に高く評価され、世界各地のラグジュアリーホテルの朝食にも使用されています。

ホームメイド・ケフィア

ストローベリージャム

詳細はこちら

ホームメイド・ケフィア

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
ボルマーノ

詳細はこちら

地中海式食事をお勧めします

 パスタの工場見学にイタリアのインぺリア市を訪れた時のこと、私たちをもてなす料理を作っている調理室を見せていただいたことあります。驚いたのは茹で上げたパスタの大鍋に1升ビンほどのビンを逆さまにして大量のオリーブオイルを注いでいたことです。さすがイタリア、オリーブオイルの使い方は半端でないと感心しましたが、試食したパスタはちっとも油っぽくなく、さっぱりと美味しかったことは驚きでした。そのオリーブオイルはタジャスカ種のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルでした。地中海式食事が健康に良いことはよく知られていますが、その主役はオリーブオイルです。エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは他の食用油に比べ抗酸化力の強いポリフェノールを多く含み、脂肪酸成も74%がコレステロールを下げる効果のあるオレイン酸ですから、毎日の食事に使う食用油をオリーブオイルに代えることをお勧めします。